【3分でわかる】キャバクラとガールズバー、ラウンジの違いは?

キャバクラ、ガールズバー、ラウンジその違いは?

男の夜の遊び場として定番なのがキャバクラ

大人の男性なら一度は遊びに行った事があるのではないでしょうか?

だが、そんなキャバクラと似ているがシステムや料金形態が違う遊び場も多数存在します。

その代表的なのがガールズバーやラウンジ。

今回はそんなガールズバーやラウンジのシステムやキャバクラとの違いについてまとめてみました。

キャバクラとは?

その言葉の由来は、フランス語のキャバレーと英語のクラブを掛け合わせた和製外来の造語

始まりは1980年代頃・・・

キャバレー画像
キャバレー画像

1980年代半ばに現れた業態で「風俗営業等取締法」改正後の新たな業態として注目された。当初は「3回通えば、店外デート」がセールスポイントであった。料金が時間制である点がスナックや高級クラブと異なる。これまでのキャバレーより小規模な店舗面積で多くの店舗が誕生した。

そして現在では様々な種類のキャバクラが存在します。

朝昼キャバクラ

夜ではなく朝昼の時間帯に営業しているキャバクラ。

雇用形態の多様化や風営法の取り締まりなどによって生まれた新しい形態のキャバクラです。

普通のキャバクラと内容などは同じですが、料金は低く設定しているところが多い。

熟女キャバクラ

若い子が売りだったはずのキャバクラですが、敢えて30代40代の女性を起用しているキャバクラ。

経験豊富な女性が多いため、若い子にはない接客やトークのスキルを持ち合わせてる事から需要もある。

セクシーキャバクラ

キャバクラは基本キャストに対してのおさわり行為はNGですが、そんなおさわり行為をOKにしたのがセクシーキャバクラ。

“おっパブ”や”いちゃキャバ”とも呼ばれ、どちらともセクシーキャバクラとほぼ同じ内容やシステム。

上記のようにキャバクラと言っても現在では様々な形態の店が存在する。

ではガールズバーとはどのような店なのでしょうか?

ガールズバーとキャバクラの違い

ガールズバーとは・・・

バーテンダーがすべて女性のショットバーであり、カウンター席に客が着席し女性バーテンダーが接客する。

ガールズバー
ガールズバー

風営法で規制されるキャバクラと異なり飲食店に分類されるため、営業時間などの制約が少ない。深夜営業の際は店員は18歳以上である。

キャバクラとの大きな違いは接客スタイルと料金。

基本は飲食店のバーと同じ形態になるため、キャバクラのような隣に座って接客するのではなく、カウンター越しに会話を楽しむというスタイル。

また男性客数人に対して女性バーテンダー1人が対応する時もあるので、キャバクラのような1対1ではない時もある。

料金もキャバクラに比べると安いので、比較的利用しやすい遊び場でもあります。

朝昼キャバと同じように朝昼の時間帯に営業する朝昼ガールズバーも存在する。

ラウンジとキャバクラの違い

空港やロビーの”待合席”の意味合いを持つラウンジですが、そこから派生して店内で接客する店もラウンジと呼ばれるようになりました。

ラウンジとは地域によってその意味合いがだいぶ変わってくるのでその定義は曖昧です。

地域により様々ですが、ラウンジはキャバクラのようにホステスさんが接待する場でもあり、バーのように飲むお店でもあります。

キャバクラに比べると女の子(ホステス、キャスト)の年齢層は若干高めで、20代後半から30代前半。

また接客スタイルについては・・・

キャバクラとラウンジの内容はほぼ同じといってもその接客の仕方が違います。

キャバクラはお客様1人に対して1人のキャストがつくマンツーマン接客ですが、ラウンジは複数接客のところがほとんど。お店が忙しい時は複数のお客様を1人で接客したり、その逆でお店が暇なときはお客様1人に対して複数のキャストが接客することもあります。

キャバクラとは違う時もあります。

その他ラウンジの特徴は・・・

ラウンジの内容はキャバクラとほぼ同じですが、一番の違いは『ママがいる』ということですね。

クラブママ
クラブママ

ママがお店の中心なので、お店の雰囲気やルールはママによってそれぞれ違いがあります。身なりや接客スタイル、ノルマが厳しいところもあれば、比較的自由なところもあります。

ママがいるためクラブやスナックのような雰囲気もありますが、クラブより料金は低く比較的フランクな感じです。

ですがスナックのような地元感はなくホステスや客層は若くて料金は高め。

雰囲気や内容はクラブとスナックの中間くらいで、ホステスはクラブやスナックより若めとイメージするとわかりやすいでしょう。

『【今さら聞けない】キャバクラとガールズバー、ラウンジの違いは?』・まとめ

以上がキャバクラとガールズバー、ラウンジの違いでした。

全てに共通しているのは”女性との会話を楽しむ遊び場”である事です。

その中で料金システムが違ったり女性の年齢層が違ったりと、より自分に合った遊び場を選びやすいようにカテゴリー分けしたので、それぞれの名称が違うようです。

夜の遊び場をお探しの際には是非参考にしてみて下さい。

今回も最後までご覧頂き有難うございました。

キャバクラ関連記事

歌舞伎町の朝昼キャバ 以前まではキャバクラ=夜のイメージがありましたが、様々なニーズや雇用形態の変化、または風営法の影響などを受け歌舞...
朝キャバ、昼キャバとは? 元々はキャバレーのような時間制のシステムだか、クラブのような高級感も兼ね備えてる事から始まったとされる『キャ...
トップへ戻る