【閲覧注意】歌舞伎町の朝昼キャバには行かない方がいい3つの理由

アイラブ歌舞伎町

歌舞伎町の朝昼キャバ

以前まではキャバクラ=夜のイメージがありましたが、様々なニーズや雇用形態の変化、または風営法の影響などを受け歌舞伎町ではあえて朝昼から営業しているキャバクラも増えて来ました。

「朝昼キャバってどんな感じなんだろう?」

そんな方に今回は歌舞伎町の朝昼キャバには行かない方がいい3つの理由をまとめてみました。

歌舞伎町の朝昼キャバとは?

営業時間が夜ではなく、朝または昼に営業しているキャバクラが”朝昼キャバ”です。

キャバクラが営業している時間帯って何時くらいのイメージがありますか?

普通は夜から深夜にかけてですよね。

ですが、朝昼キャバは朝から昼過ぎ、夕方くらいまで営業してます。

歌舞伎町朝昼キャバ
歌舞伎町朝昼キャバ

内容は普通のキャバクラと大した変わりはないのですが、営業している時間帯が朝昼なのがいわゆる朝昼キャバです。

そんな朝昼キャバには通ってしまうので行かない方がいい理由とは?

歌舞伎町の朝昼キャバに通ってしまう3つの理由

1、低料金

歌舞伎町の夜のキャバクラだとワンセット¥8000〜¥10000くらいが相場です。

そこで例えば、

・女の子のドリンク

・割物(烏龍茶やソーダなど)

・場内指名

を追加で注文したとすると¥15000〜¥20000くらいになります。

ですが、同じ歌舞伎町でも朝昼キャバならワンセット相場¥4000〜¥8000くらいです。

そこで同じように追加オーダーしても、¥9000〜¥13000ほど。

同じ歌舞伎町のキャバクラでも夜と朝昼ではこんなにも料金が違ってくるのです。

料金が高いイメージがあるキャバクラですが、朝昼キャバだと安い料金で楽しめますので、ついつい通ってしまうかもしれません。

2、優越感を感じる

普通の社会人ですと、朝出勤して昼はランチを食べ夕方の定時になったら帰る、もしくは残業で夜遅くに帰る…が、毎日のルーティーンになってる事でしょう。

そんな普通の社会人では昼から飲んだりする事はできません。ましてやキャバクラで遊んだりなんてできるはずがない。

ですが、昼キャバで遊ぶとはそんな普通の社会人ができない事をしてます。

サラリーマンが昼間必死に営業している中、自分は昼からキャバクラで遊んでるという何とも言えない優越感を味わう事ができるのも昼キャバの特徴です。

キャバクラでの優越感
キャバクラでの優越感

そんな優越感を味わってしまったら、ついつい昼キャバにハマってしまうかもしれません。

3、キャバクラ感がない

昼キャバは夜のキャバクラに比べるとバイト感覚で働いてる子、いわゆるキャバクラを本業にしてない子が多いです。

大学生や専門学生などには、昼間普通のバイト(カフェやコンビニなど)をするより昼キャバで働いた方が時給が高いので人気な職業でもあります。

そんな素人の子が多く在籍しているのも昼キャバの特徴です。

カフェ女子
カフェ女子

そのため、素人感が出てしまいキャバ嬢と喋ってるというよりか普通の女の子と喋ってる感じになってしまいます。

なのでプロのキャバ嬢の接客を求めてる方は昼キャバには行かない方が良いかもしれません。

『歌舞伎町の朝昼キャバには行かない方がいい3つの理由』・まとめ

今回は歌舞伎町の朝昼キャバには行かない方がいい理由についてまとめてみました。

人それぞれ感覚は違うので、ここまで読んでくれた御方の中には少しでも朝昼キャバに興味を持ってくれた方もいるかとおもいます。

キャバクラ と一言でいっても様々な種類や形態があります。

朝昼キャバについてもって詳しく知りたい方はこちらの記事をオススメします。

朝キャバ、昼キャバとは? 元々はキャバレーのような時間制のシステムだか、クラブのような高級感も兼ね備えてる事から始まったとされる『キャ...

今回も最後までお読み頂き有難うございました。

トップへ戻る